The Queen's Finishig School
The Queens Finishing Schoolについて講座についてご挨拶インテリア/バトラープロフィールスケジュール著作本アクセス
会員限定佐藤よし子のティータイム英国流家事&マナー英国式テーブルセッティングフォトギャラリーQFSショッピングQFSツアー

佐藤よし子のティータイム
バックナンバーはこちら


Vol.4 イレブンジイズの食器

慌しい家事の合間のイレブンジイズは、家の中がどこでもお茶の場所になると言っていいでしょう。ソファのサイドテーブルでも、ベランダでも、廊下の真ん中でも、ちょうどきれいに仕上がった場所でイレブンジイズは始まるのです。

準備には時間をかけず、数分間はゆっくりとお茶を楽しめるように、少ない食器で楽しむのがイレブンジイズの基本です。カップは、アーリーモーニングティのようにエレガントではなく、仕事の合間に手荒く扱っても大丈夫な厚手のマグカップを。テーブルクロスは使わず、コースターのようなものにカップを置きます。ティバッグやリーフティのおいしさを引き出すティポットは、茶色い日常用のベティズポットを。食器の数が多くならないように、ミルクやお砂糖はキッチンで入れてしまってもよいでしょう。

あなたの日常はどんなイメージですか? きれいに片づいた部屋には、こだわりの食器を置きたいもの。飲み終えたマグカップが置いてあってもニュアンスが感じられるように考えて買いましょう。そして一度買い揃えたものは、簡単に捨ててしまわず一生大切に使っていきたいですね。

イレブンジイズは英国のお茶の時間でもっとも手軽なティタイム。でも、どんなに大急ぎでお茶をいれても、おいしい紅茶を大好きな食器で楽しみたいものです。

img
copy