The Queen's Finishig School
The Queens Finishing Schoolについて講座についてご挨拶インテリア/バトラープロフィールスケジュール著作本アクセス
会員限定佐藤よし子のティータイム英国流家事&マナー英国式テーブルセッティングフォトギャラリーQFSショッピングQFSツアー

佐藤よし子のティータイム
バックナンバーはこちら


Vol.10 アフタヌーンティのお菓子

アフタヌーンティはサンドウィッチから始まるといわれています。

上流階級の人々に好まれていたのが、きゅうりのスライス・マスタード・バター・塩・胡椒だけのキューカンバーサンドウィッチ。爽やかなその風味は紅茶にぴったりです。クリームチーズ・ローストビーフ・スモークサーモンなどで作るときもあまり具が多すぎないようにすることが基本です。

サンドウィッチは三段の盛り皿の一番下に盛られます。真ん中の段にはエクレア・シュークリーム・小ぶりのミルフィーユ・フルーツタルトなどの繊細でデリケートな小さなケーキが、一番上の段には焼き菓子やスコーンズが盛られるようです。家庭のアフタヌーンティでは、ケーキをいただいたあとにスコーンズが焼きあがってきますので、熱々のスコーンズにストロベリージャムとクロテッドクリームをたっぷりのせて手でつまんで口に運びましょう。

お菓子は焼いてもよいですし買ってきてもよいのですが、忘れてはならないことは、ゲストに対してありあまるくらいの量のたっぷりとしたお菓子を用意するということ。ケーキ一個と紅茶一杯ではアフタヌーンティとは呼べないのです。


img
copy