The Queen's Finishig School
The Queens Finishing Schoolについて講座についてご挨拶インテリア/バトラープロフィールスケジュール著作本アクセス
会員限定佐藤よし子のティータイム英国流家事&マナー英国式テーブルセッティングフォトギャラリーQFSショッピングQFSツアー

英国流家事&マナー
バックナンバーはこちら


Vol.9 贈り物のマナー

季節ごとに、また新しいことの始まりに贈り物をいただくのはうれしいもの。でも、不要なものを贈ってしまうと、相手を困惑させてしまう場合もあります。

例えば、期間限定のティカップやグラスのペアセット。2客だけのペアセットは買い足すことができないので、カップやグラスを贈るのなら買い足せるものを選びましょう。大きな陶器の犬や七福神の布袋さまなどの置物、絵画や服など趣味によって好き嫌いがあるものも避けること。贈りたい人の趣味があらかじめわかっている場合には、花、ワイン、果物、紅茶などもよいでしょう。

19世紀の英国で流行したのは、大きな箱にきれいな色紙を細かく切ったものを入れたり、何枚ものラッピングペーパーで包んだプレゼントの贈り方でした。ラッピングに凝ることは、相手を喜ばせる素晴らしい贈り物の秘けつでもあります。しかし、環境問題が話題とされている現在では、あまり凝ったラッピングは過剰包装と思われることも。親しい人への贈り物でしたら、紅茶の缶やワインボトルにリボンをつけて手軽に手渡すほうが、かえっておしゃれかもしれません。


img
copy