The Queen's Finishig School
The Queens Finishing Schoolについて講座についてご挨拶インテリア/バトラープロフィールスケジュール著作本アクセス
会員限定佐藤よし子のティータイム英国流家事&マナー英国式テーブルセッティングフォトギャラリーQFSショッピングQFSツアー

英国流家事&マナー
バックナンバーはこちら


Vol.10 花を贈るときのマナー

日本でも欧米のように花を贈ることが習慣になってきていますが、注意しなくてはいけないこともあります。

まず、およばれやお見舞いで花を贈るときは、先方に花瓶や水の手間をかけないアレンジメントにすること。たくさんのお花をもらうことが予想されるときも、かご盛りのアレンジメントがよいでしょう。ブーケで贈ると花びんが足りなくなったりして、とても困った存在になってしまうことがあります。ホテルのおよばれでは花は持参せず、別の日に自宅に送ったほうが気がきいているといえます。

また、女性はいくらお世話になったといっても男性に花は贈らないほうがよいでしょう。あなたがその男性のことが好きで、「あなたに好意をもっています」というメッセージを伝えたいのなら、どんどん贈っても構いませんが…。

年配の方に贈るときは、華やかな色の花を選びましょう。「年配の方にはシックな色調で」と考えがちですが、寂しげな色は贈られた人の気持ちを低下させるので、思い切り華やかに彩るのがよいと思います。


img
copy