The Queens Finishing School

佐藤よし子からのご挨拶

ある時、私の知識の範囲では解らずに恥ずかしい思いをした事がありました。
…日々の生活の中には、一般教養だけでは学べない、知らなければならない事柄が何とたくさんあるのだろう…と痛感いたしました。

そんな思いから、実生活に生かせる様々な知識を得るための場が持てたらと、各分野に深くたずさわっておられる、講師の方々にお力添えを頂て、「ザ・クイーンズ・フィニッシングスクール」という〔小さな扉〕を開校することができました。
本来、一つ一つのカリキュラムは、全て奥深く、極めるには長い道のりの教科ばかりなのです。

当校で学んで頂ける事は、それぞれの扉の鍵をお渡しするだけの、ほんの触りの部分なのかもしれません。すぐれた知識をもつ方々との出会いから、何かを見つけて頂き、貴女自信の手によって〔小さな扉〕を開けて、前進して頂ければ、幸いに存じます。

私の留学生活で得た、英国流の様々なノウハウを分かち合いつつ、私自信も知識に磨きをかける努力を惜しまずに、共に一人の女性として、貴方と歩み続けたいと願います。